社員を知る

  1. ホーム >
  2. 社員を知る >
  3. 社員インタビュー 安藤 和由

社員インタビュー 安藤 和由

僕にとって「若さ」は武器。
デメリットは感じません。

安藤 和由 27歳

勤続:4年

勤務スタイル:隔日勤務

所属:名鉄交通

前職:スーパーの販売アルバイト

出身:岐阜県

入社動機

転職当初は反対していた両親も今では見守ってくれています。
学生時代からスーパーの販売アルバイトをしていて、なんとなく「自分は接客の仕事が合ってるかな」と感じていたので、接客業で仕事を探していました。ある時、名鉄タクシーの求人情報をインターネットでたまたま見かけて、自分は自動車の運転も好きだから、こういう仕事も面白そうだと思いました。
両親は初めあまりいい顔をしませんでしたが、「自由に走って」「いろんな人に出会って」「いろんな話ができる」この仕事をどうしてもやってみたくて、自分の希望を押し通しました。今年で4年目になりますが、想像していたよりずっと良い給料をもらえているのと、自分がこの仕事に向いているようだと分かって、今は両親も安心して見守ってくれています。

新人時代の思い出

最初の半年は、「道も、お客様との距離感も分からない」で大変でした。
初めの1週間は錦通と広小路通の区別がつかなかったり、名古屋の道路の広さに戸惑ったり、で地獄のようでした(笑)その後も、お客様のやりとりでも、渋滞なのに「急いでくれ」と急かされたりするし、会話が弾まないお客様もいらっしゃるし、難しいなあ…と。
それでも、半年ほど経ったらお客様とのやりとりのこつがつかめて、続けていけそうかなと思えるようになりました。自分よりずっと年上のお客様が多いせいか、こちらが「新人です」と言うと助けてくださる方が多いんです。これは若手の特権だなと思って、知らない道を走る時は「新人です」って言うようにしていました(笑)
今ではその苦労の甲斐もあって、前職より年収が倍増しました。友人の中でも高い方なので、それが誇りです。

上司・同僚の存在

親子くらいの年齢差ですが、仲良くしてもらっています。
上司にはずいぶん可愛がってもらっていて、仕事が終わって2時間くらいずーっとしゃべっていることもあります。仕事とは全然関係ないことばっかりですが(笑)。
先輩や同僚とは、その日にあった出来事をいろいろ情報交換しています。親子くらいの年が離れた人が多いので、雑談では合う話題が少ないんですが、何かと気にかけて仲良くしてくれる人が多いです。今はこの環境にすっかり慣れてしまったので、仕事の上では年の差はほとんど気にならないですね。

※プロフィールは、掲載当時のものです。

一覧へ戻る

カンタン試算賃金シミュレーション